京都総合法律事務所京都総合法律事務所京都弁護士会所属・京都市役所前駅16番出口より徒歩3分

075-256-2560
電話受付 平日:9時~18時

社外取締役・社外監査役

社外取締役や社外監査役(以下「社外役員」といいます。)を設置する会社が年々増加しています。

これは会社法改正やコーポレートガバナンス・コードの改訂が主な原因ですが、単に義務化されたからという理由だけで渋々設置するのはもったいないです。

なお、令和3年(2021年)3月1日施行の会社法改正では、上場企業に社外取締役の設置が義務付けられました。

この改正に関する記事はこちらをご覧ください。

>>令和3年(2021年)3月1日施行の改正会社法の概要

 社外役員には、

・企業戦略等の大きな方向性を示し、適切なリスクテイクを支える。

・内部統制を含めたガバナンスや法令遵守等経営全般のモニタリングを通じて企業不祥事等による企業価値の毀損を避ける。

・少数株主を始めとするステークホルダーの意見を取締役会に適切に反映させる。

等の役割があり、これらを通じて、会社は、ブランド価値、レピュテーション等の社会的評価を含めた企業価値を持続的に成長させて中長期的に向上させることができます。

 

私達は、上場企業を含む約100社以上の会社及び団体と顧問契約を締結しており、その業種も日本標準産業分類における大分類のほぼ全てを網羅しています。

顧問弁護士として、日常的に企業活動の様々な経営判断に関与している経験を活かし、社外役員として御社の成長に貢献したいと考えております。

 

御社の課題や将来展望、お求めのスキルや注力分野、年齢層、ご予算等がありましたら、それらを踏まえて最適と考えられる弁護士をご紹介させていただきますので、お気軽にご相談ください。

>>お問い合わせフォームはこちら

関連ページ

1.会社法改正に伴う社外取締役設置の義務化

2.社外取締役・社外監査役に求められる役割

3.どのような場面で社外役員の設置が必要となるのか

4.弁護士が社外役員に就任するメリット

5.当事務所の弁護士による社外役員報酬

6.京都総合法律事務所の弁護士からのメッセージ

 

企業のステージ毎のページ

・上場企業はコーポレートガバナンス・コードの見直しに対応する

・IPOを視野に入れている企業のための社外取締役・社外監査役入門

・未上場企業に社外役員をおすすめする3つの理由

・スタートアップ企業の課題を解決する社外役員

法律相談のご予約はお電話で

法律相談のご予約

就業規則チェック

コンテンツメニュー

アクセス

事務所外観

京都総合法律事務所

〒604-0924
京都市中京区河原町二条南西角河原町二条ビル5階

アクセスはこちら

対応エリア

京都、大阪府全域

京都府京都市、京都府福知山市、京都府舞鶴市、京都府綾部市、京都府宇治市、京都府宮津市、 京都府亀岡市、京都府城陽市、京都府向日市、京都府長岡京市、京都府八幡市、京都府京田辺市、京都府京丹後市、京都府南丹市、京都府木津川市、京都府大山崎町、京都府久御山町、京都府井手町、京都府宇治田原町、京都府笠置町、京都府和束町、京都府精華町、京都府山城村、京都府京丹波町、京都府伊根町、京都府与謝野町

メルマガ登録 セミナー案内 お問い合わせ
メルマガ登録 セミナー案内 お問い合わせ