電話受付 平日:9時~18時

契約書の作成・チェック

契約書には様々な種類があり、売買契約書、賃貸借契約書、取引基本契約書、金銭消費貸借契約書、秘密保持契約書等の代表的な契約書の場合、インターネットや書店で書式集を入手することができます。それらを利用することで作成時間を大幅に圧縮することは可能ですが、ご注意いただきたいのは、最新の書式であるか、ご自身が必要とされている内容に適したものかの2点です。

書式集からベースとなる契約書を選び、ご自身が希望されている条件を盛り込むなどして、部分的に修正し完成となります。しかしながら、ご自身が修正した文言に不備があれば、意図した法的効力が生じない場合がありますし、契約書の基本的な構造を理解していなければ、修正することにより契約内容に矛盾が生じさせる場合もあります。ご不安がある場合には、契約書の作成実績の豊富な弁護士にご相談ください。

当事務所では、売買契約書、取引基本契約書、賃貸借契約書、金銭消費貸借契約書、秘密保持契約書などの一般的な契約書はもちろんのこと、知的財産権・ノウハウに関する契約書、その他あらゆる種類の契約書の作成・チェックを行っています。英文契約のリーガルチェックも行っていますので、お気軽にご相談ください。

<契約書毎の作成のポイント>

1 売買契約書      >>詳しくはこちら

2 建物賃貸借契約書   >>詳しくはこちら

3 秘密保持契約書    >>詳しくはこちら

法律相談のご予約はお電話で

法律相談のご予約

コンテンツメニュー

アクセス

事務所外観

京都総合法律事務所

〒604-0924
京都市中京区河原町二条南西角
河原町二条ビル5階

アクセスはこちら