電話受付 平日:9時~18時

契約書の知識

「取引先から契約書案を確認するよう求められたが、何を基準にチェックすればよいかわからない」
「内容をよく理解しないまま契約書に調印したが、後に不利な条件が含まれていることがわかり、困っている」
「明らかに不利な条件で契約をしてしまったが、条件の修正はできないのか」

ビジネスの場面で契約書を交わすことが多いですが,契約書に一度調印してしまうと、その内容に拘束されますので、内容を十分に理解した上で調印することが重要です。トラブルを未然に防ぐために契約書を作成しますが、条項や文章の作り方によって解釈の相違が生まれ、トラブルに発展するケースが数多く見られます。万が一訴訟になった場合にも、解釈の仕方一つによって、結果が大きく変わるので、裁判も見据えた上で契約書を作成する必要があります。

当事務所では、トラブルを未然に防ぐための契約書の作成をサポートするのはもちろんのこと、トラブルになった際の相手側との交渉や解決までの手続を念頭に置いたアドバイスによる対応を旨としています。。契約にまつわるあらゆる場面で、弁護士が法的な見地からアドバイスしますので、トラブルの発生を未然に防ぐことができますし、仮にトラブルが発生しても慌てる必要はありません。

当事務所では、業種・規模問わず、数多くの企業の契約書作成・チェックのご依頼を受けてまいりました。また、契約書に関するトラブルや訴訟を数多くサポートしてきましたので、様々な場面で、貴社の力になることができると自負しています。

顧問弁護士に、日常的に契約書の作成・チェックを頼める体制を整えておくのが理想的ですが、顧問弁護士や知り合いの弁護士がいない場合、「弁護士は敷居が高い」、「弁護士費用が心配」などの理由により、リーガルチェックをしないまま契約書に調印することもあろうかと思います。このような場合は、まずは「法律相談」を利用されることをお奨めします。お気軽にご相談ください。

法律相談のご予約はお電話で

法律相談のご予約

コンテンツメニュー

アクセス

事務所外観

京都総合法律事務所

〒604-0924
京都市中京区河原町二条南西角
河原町二条ビル5階

アクセスはこちら