京都総合法律事務所京都総合法律事務所京都弁護士会所属・京都市役所前駅16番出口より徒歩3分

075-256-2560
電話受付 平日:9時~18時
line

【解決事例】チラシにも著作権がある?

ご相談のケース

当社は,他社からチラシの制作業務を受託し,他社にチラシのデザインを提供しましたが,契約終了後に当社が制作したチラシと類似したチラシを他社が制作し,配布していることが判明しました。このような行為は許されるのでしょうか。

 

解決方法

チラシには,レイアウトデザイン,キャッチコピー,画像,キャラクターなどの要素が含まれていますが,これらのレイアウトデザイン等にも著作権が発生する場合があります。したがって,他人が作成したチラシのレイアウトデザイン,キャッチコピー,キャラクター等を模倣してチラシを作成した場合,著作権法違反となる可能性がありますので,注意が必要です。

ご相談のケースでも,チラシのレイアウトデザイン,キャラクター等に著作権が発生する事案で,相談者が制作したチラシと類似のチラシを作成した他社にチラシデザインの使用禁止,損害賠償等を求めました。

また,相談者のケースでは,他社が相談者との従前の契約に基づき入手したチラシデザインを,契約終了後に相談者の承諾を得ることなく流用しています。本来であれば,当該他社は相談者と契約を締結し,相談者に対し相当な対価を支払わなければ,当該チラシデザインは利用できなかったものであり,相談者の契約(取引)の機会を不当に奪ったという意味でも違法行為と評価される可能性があります。

担当弁護士は,相談者から事件の依頼を受け,当該他社と著作権の成否,商標権侵害の成否(相談者はチラシデザインについて商標権も有していました),民法上の不法行為の成否等について争いました。協議を重ねた結果,当該他社が相談者のチラシと類似するチラシを今後作成しないこと,過去の類似チラシの制作行為について相談者に解決金を支払うこと等で合意に至りました。

 

担当弁護士の所感

第三者が制作したチラシを参考に,チラシを制作することもあると思いますが,上記のとおり,チラシのレイアウト,キャッチコピー,キャラクター等に著作権が発生する場合がありますので,安易に模倣しないようにしましょう。もし第三者が制作したチラシのレイアウトデザイン等を使用したい場合には,当該第三者に対し利用許諾の申込みを行い,ライセンス契約を締結した上で,使用するようにしましょう。

法律相談のご予約はお電話で

法律相談のご予約

就業規則チェック

コンテンツメニュー

アクセス

事務所外観

京都総合法律事務所

〒604-0924
京都市中京区河原町二条南西角河原町二条ビル5階

アクセスはこちら

対応エリア

京都、大阪府全域

京都府京都市、京都府福知山市、京都府舞鶴市、京都府綾部市、京都府宇治市、京都府宮津市、 京都府亀岡市、京都府城陽市、京都府向日市、京都府長岡京市、京都府八幡市、京都府京田辺市、京都府京丹後市、京都府南丹市、京都府木津川市、京都府大山崎町、京都府久御山町、京都府井手町、京都府宇治田原町、京都府笠置町、京都府和束町、京都府精華町、京都府山城村、京都府京丹波町、京都府伊根町、京都府与謝野町

メルマガ登録 セミナー案内 お問い合わせ
メルマガ登録 セミナー案内 お問い合わせ