京都総合法律事務所京都総合法律事務所京都弁護士会所属・京都市役所前駅16番出口より徒歩3分

075-256-2560
電話受付 平日:9時~18時
line

宿泊規約の作成・見直し

宿泊約款とは,宿泊施設が宿泊客との間で締結する宿泊契約及びこれに関連する契約の内容を定めたものです。

基本的には作成は任意ですが,料金の支払方法や宿泊契約を解除できる場合等重要な内容を定めることになりますので,一般的な契約書と同様,その作成や見直しについては細心の注意が必要です。

なお,政府登録ホテル,旅館については,作成及び変更について観光庁長官へ届け出ることが義務づけられています(国際観光ホテル整備法第11条1項(同法第18条2項において準用する場合を含む))。

宿泊約款については観光庁がモデル約款を定めていますが,その内容に拘束される必要はなく,宿泊施設ごとに必要な規定を加えることも可能です。

宿泊約款の作成や見直しをお考えの場合は,法的な有効性や効力についての検討が不可欠ですので,是非,当事務所にご相談ください。

個別のトラブルとその解決策はこちら

法律相談のご予約はお電話で

法律相談のご予約

コンテンツメニュー

アクセス

事務所外観

京都総合法律事務所

〒604-0924
京都市中京区河原町二条南西角河原町二条ビル5階

アクセスはこちら

対応エリア

京都、大阪府全域

京都、福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、 亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、大山崎町、久御山町、井手町、宇治田原町、笠置町、和束町、精華町、山城村、京丹波町、伊根町、与謝野町

メルマガ登録 セミナー案内 お問い合わせ
メルマガ登録 セミナー案内 お問い合わせ