京都総合法律事務所京都総合法律事務所京都弁護士会所属・京都市役所前駅16番出口より徒歩3分

075-256-2560
電話受付 平日:9時~18時

新着情報

広告規制入門・景品表示法編「指定表示 その広告、おとり広告かも」

「指定表示 その広告、おとり広告かも」 新型コロナウイルス対策を標榜した商品に対し、消費者庁の厳しい目が向けられています。2021年3月だけで、新型コロナウイルス対策を謳う広告に対し、景品表示法に基づく消費者庁の措置命令や行政指導が12社に発せられました。   景品表示法とはどのような法律でしょうか?   一言でいえば、景品と表示を規制する法律です。 続きを読む >>

京都総合法律事務所メールマガジン2021年4月号を配信しました。

本メールマガジンは,京都を中心に企業法務,契約書作成等のビジネス分野で活動する京都総合法律事務所が,ご縁のある皆様に向けて事業活動に有益な情報を提供するべく月1回発行しています。 目を通すだけでじわじわ効果が出るように心懸けています。 メルマガ登録はこちらから>>   過去メルマガ一覧 メルマガ2021年4月号 メルマガ2021年3月号 メルマガ2021年2 続きを読む >>

広告規制入門・景品表示法編「有利誤認表示 その広告、課徴金の対象かも」

「有利誤認表示 その広告、課徴金の対象かも」 新型コロナウイルス対策を標榜した商品に対し、消費者庁の厳しい目が向けられています。2021年3月だけで、新型コロナウイルス対策を謳う広告に対し、景品表示法に基づく消費者庁の措置命令や行政指導が12社に発せられました。   景品表示法とはどのような法律でしょうか?   一言でいえば、景品と表示を規制する法律で 続きを読む >>

ニュースレター2021年 4月号配信のお知らせ

●弁護士コラム  「初回無料」の罠 弁護士 竹内 まい ●弁護士コラム 広告規制入門・薬機法編 弁護士 野﨑 隆史 ●弁護士コラム 生徒の演奏も著作権侵害? 弁護士 拾井 美香 ●各種セミナーのご紹介 20210426 NewsLetter vol.10 続きを読む >>

広告規制入門・景品表示法編「優良誤認表示 その広告、措置命令の対象かも」

「優良誤認表示 その広告、措置命令の対象かも」 新型コロナウイルス対策を標榜した商品に対し、消費者庁の厳しい目が向けられています。2021年3月だけで、新型コロナウイルス対策を謳う広告について、景品表示法に基づく消費者庁の措置命令や行政指導が12社に発せられました。   景品表示法とはどのような法律でしょうか?   一言でいえば、景品と表示を規制する法 続きを読む >>

広告規制入門・薬機法編 「その広告、逮捕されるかも」

「その広告、逮捕されるかも」 2020年7月、広告業界に衝撃が走る事件が起きました。大阪府警が、ある健康食品会社の「脂肪肝がお酒も食事も我慢せず正常値に」「ズタボロだった肝臓が半年で復活」等の広告について、薬機法(正式名称:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)に違反するとして、広告主や制作にかかわった大手広告代理店の従業員を逮捕しました。この事件では、最終的に罰金刑が 続きを読む >>

75期司法修習予定者対象「サマークラーク」開催のご案内

当事務所では、2021年の司法試験を受験された方(75期司法修習予定者)を対象に、下記のとおり、事務所説明会及びサマークラークを実施します。 記 (1)事務所説明会 日時:2021年5月26日(水)午後5時~(1時間30分程度) 内容:①当事務所についての説明(30分程度) ②若手弁護士による座談会(30分程度) (当事務所入所前のイメージ及び入所後の業務内容等) ③質疑応答等( 続きを読む >>

【弁護士による判例解説】生徒の演奏も著作権侵害? -音楽教室訴訟控訴審判決-

ヤマハなどの音楽教室が日本音楽著作権協会(JASRAC)に対し、著作権利用料を徴収する権利がないことの確認を求めた訴訟で、令和3年3月18日、知財高裁は、音楽教室における講師の演奏については著作権利用料を請求できるが、生徒の演奏については著作権利用料を請求できないと判断しました。  この裁判では、講師及び生徒の演奏が「公衆に直接聞かせることを目的とした演奏」(著作権法22条)に該当するか等が 続きを読む >>

拾井美香弁護士が京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻特別教授に就任しました。

拾井美香弁護士が令和3年4月から京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻特別教授に就任しました。民事実務弁護演習、弁護士実務の基礎について講義を行います。 拾井美香弁護士の詳細プロフィールはこちらから   続きを読む >>

【弁護士による判例解説】「男性が化粧をしていることを理由に就労を拒否できるか?」(大阪地裁令和2年7月20日決定)

会社が従業員の就労を正当な理由なく拒否し、それにより労働者が働くことができなくなった場合、会社は従業員が働くことができなかった期間の賃金について支払わなければなりません(民法536条2項本文)。会社による就労拒否にあたっては様々な理由が見受けられますが、就労時の身だしなみを理由に就労を拒否することは許されるのでしょうか。また、それが、性別を理由としたものである場合はどうでしょうか。 令和2年 続きを読む >>

1 2 3 13 法律相談のご予約はお電話で

法律相談のご予約

就業規則チェック

コンテンツメニュー

アクセス

事務所外観

京都総合法律事務所

〒604-0924
京都市中京区河原町二条南西角河原町二条ビル5階

アクセスはこちら

対応エリア

京都、大阪府全域

京都府京都市、京都府福知山市、京都府舞鶴市、京都府綾部市、京都府宇治市、京都府宮津市、 京都府亀岡市、京都府城陽市、京都府向日市、京都府長岡京市、京都府八幡市、京都府京田辺市、京都府京丹後市、京都府南丹市、京都府木津川市、京都府大山崎町、京都府久御山町、京都府井手町、京都府宇治田原町、京都府笠置町、京都府和束町、京都府精華町、京都府山城村、京都府京丹波町、京都府伊根町、京都府与謝野町

メルマガ登録 セミナー案内 お問い合わせ
メルマガ登録 セミナー案内 お問い合わせ