京都総合法律事務所京都総合法律事務所京都弁護士会所属・京都市役所前駅16番出口より徒歩3分

075-256-2560
電話受付 平日:9時~18時

問題社員の円満退職により解決に至った事例【接客業】

ご相談のケース

以前から、同僚との協調性を欠いていたり、上司に反発的な態度をとるなど、職場内の人間関係を乱している、いわゆる問題社員というべき従業員への対処についてのご相談です。

これまで注意指導を繰り返してきたものの、その従業員自身からその都度反論され続けていたという経緯がありました。

この反論が正しいのか間違っているのか、会社として明確な態度を示さなかった結果、その従業員自身も、自分の言動が職場内の人間関係を乱しているという意識は持たず、結局、その態度は改まりませんでした。

そうしているうちに、その従業員を中心としたコミュニケーション不足が生じ、業務に影響が出るようなミスが起きてしまったので、会社としては、この従業員を懲戒解雇としたいとのご相談でした。

解決方法

問題社員への対策として懲戒解雇で臨んだとき、多くの場合、その問題社員自身が自らの問題性に無自覚であるため、懲戒解雇の有効性それ自体が、後日の紛争の種になり得ます。

今回のケースでは、一足飛びに懲戒解雇とするのではなく、会社から事情をお聞きしながら、当事務所にて、その従業員の責任の所在を客観的に説明できるよう資料を作成し、あわせて、いつ、どのような手順を踏んだ上で、どういう内容の説明を行うかのシナリオを用意させていただきました。

ご提案した手順を踏んでいただいたことにより、その従業員からの申出により、円満退職という形で解決に至りました。

担当弁護士の所感

懲戒解雇は、企業の秩序維持のための最終手段なので、十分な理由が明確に存在することと、それ以外には方法がないといえなければ、無効とされることがあります。

問題社員への対応は、問題社員自身に自覚がないことから、会社の対応に納得が得られないことが多く、後日の紛争が生じるリスクが極めて高いといえます。そのため、まずは円満に解決することができないか、方法を尽くすことが肝要です。

当事務所では、懲戒解雇のその前に、円満解決するための方法があるのではないか、という観点からのサポートをさせていただいています。問題社員対策はもちろん、従業員対応にお困りの際には、是非、当事務所にご相談ください。

法律相談のご予約はお電話で

法律相談のご予約

就業規則チェック

コンテンツメニュー

アクセス

事務所外観

京都総合法律事務所

〒604-0924
京都市中京区河原町二条南西角河原町二条ビル5階

アクセスはこちら

対応エリア

京都、大阪府全域

京都府京都市、京都府福知山市、京都府舞鶴市、京都府綾部市、京都府宇治市、京都府宮津市、 京都府亀岡市、京都府城陽市、京都府向日市、京都府長岡京市、京都府八幡市、京都府京田辺市、京都府京丹後市、京都府南丹市、京都府木津川市、京都府大山崎町、京都府久御山町、京都府井手町、京都府宇治田原町、京都府笠置町、京都府和束町、京都府精華町、京都府山城村、京都府京丹波町、京都府伊根町、京都府与謝野町

メルマガ登録 セミナー案内 お問い合わせ
メルマガ登録 セミナー案内 お問い合わせ