京都総合法律事務所京都総合法律事務所京都弁護士会所属・京都市役所前駅16番出口より徒歩3分

075-256-2560
電話受付 平日:9時~18時

新着情報

【外国人労働問題に詳しい弁護士によるセミナー】外国人労働者雇用における留意点 開催いたしました(2019年5月23日)

2019年5月23日,当事務所の伊山正和弁護士が,外国人労働者雇用における留意点について解説するセミナーを開催いたしました。 入管法改正により,外国人労働者の本格的な受け入れが解禁となりました。この新しい制度は,どのような内容のものであるのか,特に「特定技能」という新しい在留資格,「登録支援機関」や「受入機関」の法律上の位置づけや役割について簡潔に解説の上,外国人を労働力として活用す 続きを読む >>

【企業経営者様のためのシリーズ勉強会~労務編~】「問題社員対応の実務」(2019年7月18日、23日※満員御礼)(追加開催決定!2019年7月29日※満員御礼)

当事務所では、企業の経営者の方々を対象に、定期的に勉強会を開催しております。今回は経営者側からみた問題社員への対応方法について、事例をまじえながら法的留意点をわかりやあすくコンパクトに解説いたします。現在の労務管理体制とその効果的な活用方法のご参考のため、この機会をお見逃しなくご参加ください。 セミナー内容 ・問題社員はなぜ生じるのか ・問題社員と企業リスク ・問題社員対策としての 続きを読む >>

【株式会社南都銀行様主催 「実践!働き方改革」のセミナー講師を務めさせていただきました】(2019年3月1日)伊山正和

いよいよ本格施行となった働き方改革関連法は,従業員の働き方を改革するため,会社や使用者に様々な義務を課すことを内容としています。特に労働時間の上限規制と年次有給休暇の付与義務は,契約によって定められる働き方の内容について,法律が積極的な規制をするという意味での大改革であるということができます。 今回のセミナーでは,特に労働時間の上限規制と年次有給休暇の付与義務にテーマをしぼり,具体的 続きを読む >>

【滋賀県社会保険労務士会必須研修会の講師を務めさせていただきました】従業員対策としてのメンタルヘルス問題 (2019年2月28日) 伊山正和

2019年2月28日,当事務所所属の弁護士伊山正和が,滋賀県社会保険労務士会よりお招きを頂き,「従業員対策としてのメンタルヘルス問題」と題し,必須研修会の講師を務めさせていただきました。 最近の労働問題は,職場を解雇されたであるとか,給料が切り下げられたというものよりも,いじめや嫌がらせを受けたなどという,職場の人間関係の悩みをめぐる問題が圧倒的な割合を占めています。その結果,従業員から 続きを読む >>

京都弁護士会会長に三野弁護士が選任(任期:2019年4月1日~2020年3月31日)

当事務所の三野岳彦弁護士が京都弁護士会会長に選任されました。 京都新聞社様をはじめ多数のメディアでご紹介いただきました。 以下記事引用文となります。(引用元:京都新聞社) 京都弁護士会は16日、2019年度の新たな役員を発表した。新会長は三野岳彦弁護士(56)に決まり、副会長は、金井健作(42)、渡辺輝人(40)、畑中宏夫(47)、池田良太(47)の4弁護士が務める。任期は、4月 続きを読む >>

社会保険労務士様対象セミナー【残業代請求初期対応】を開催しました

当事務所では,社会保険労務士の先生方を対象としたシリーズセミナーを開催していますが,2019年1月15日,「残業代請求初期対応」をテーマとしてセミナーを開催しました。 様々な業種で残業代の未払いが発生しており,訴訟に発展するケースも多くなっていますが,社労士の先生方においても,残業代請求の初期段階でご相談を受けることが多いと思います。残業代請求に関しては,初期の対応が非常に重要であり 続きを読む >>

【経営者様対象セミナー】民法改正(相続法・債権法) 開催のお知らせ(2019年2月21日・27日)

当事務所では、企業の経営者様を対象に「民法改正」における「債権法」と「相続法」の改正について解説するセミナーを開催いたします。 このような方はぜひ、この機会にご参加ください。 ・民法改正が売掛金の回収や契約に、どのような影響を及ぼすのか知りたい。 ・相続法が大きく変わると聞いているが、何が変わるのか詳しく知りたい。 ・民法改正が日常業務に与える影響と、その備えについて知りた 続きを読む >>

法律相談のご予約はお電話で

法律相談のご予約

コンテンツメニュー

アクセス

事務所外観

京都総合法律事務所

〒604-0924
京都市中京区河原町二条南西角河原町二条ビル5階

アクセスはこちら