京都総合法律事務所京都総合法律事務所京都弁護士会所属・京都市役所前駅16番出口より徒歩3分

075-256-2560
電話受付 平日:9時~18時

伊山正和 Iyama Masakazu

■弁護士

伊山 正和(いやま まさかず)

E-mail
iyama@kyotosogo-law.com

働き方が問われる現代社会における最新の労務問題への対策・対応をご提供いたします。

出身大学
立命館大学大学院法学研究科博士課程前期課程修了 修士(法学)

弁護士登録
平成12年4月

主な活動歴
刑事事件や労働事件に関心を持ち、京都弁護士会においても、刑事弁護や貧困問題に関する委員会活動に携わり、刑事委員会委員長や貧困問題対策プロジェクトチームの座長の任に当たらせていただいたこともありました。
平成25年度には、京都弁護士会副会長及び近畿弁護士会連合会常務理事を拝命し、平成27年度から平成30年度までは、日本司法支援センター(法テラス)京都地方事務所副所長を務め、それぞれの組織運営にも携わらせていただきました。
現在は、亀岡調停協会に所属して亀岡簡易裁判所に係属する民事調停事件の調停委員を務めつつ、京都労働局では紛争調整委員として労働局でのあっせん制度にも関与させていただいているほか、大学からのご依頼を受けて、学生向けの単発的な講義を担当させていただいています。

趣味
70年代のスーパーカーブームの波間に生まれた自動車好きで、80年代のテクノロジー時代に育った機械好きで、90年代のバンドブームに青春を過ごした歌好きです。

注力分野
労務・労働問題を中心に企業活動や社会活動に伴う法律諸問題への対策・対応に注力しています。また交通事故案件についても、多数取り扱っています。

ご相談・ご依頼にあたって
弁護士登録以来、金銭の貸し借り、借地借家、境界紛争、交通事故などの一般民事事件、離婚、相続、成年後見などの家事事件、破産、任意整理、民事再生などの倒産事件、商取引上の契約問題、取締役の地位をめぐる紛争、株主総会に関する紛争などの商事問題、そして残業代、解雇問題、ハラスメント問題などの労働問題等々、幅広い分野で数多くの案件に対応させて頂き、経験と研さんを積んできました。

おかげさまで、これらの経験をふまえた講演等のご依頼を頂くことも多く、当事務所主催のセミナーにおいても専任的に講師を務めさせていただいています。当事務所所属の弁護士と顧問契約を頂いている地元京都の企業からはもちろん、セミナーや講演のご依頼を頂けましたら、喜んでお引き受けいたしますので、是非ともご用命ください。

セミナーにおいて、繰り返しお話しさせて頂いているのは、「どのような法的トラブルであっても、紛争を解決することより、紛争にならないように予防することの方が大切」ということです。私の目指すところは、より早く、より身近に、ご相談いただけるよう多くの皆さまのお手伝いをさせて頂くところにあります。

当事務所の元始パートナーの一人であった故・三浦正毅弁護士は、地元京都の労働問題を中心に、身近な立場から共に悩んで解決していく弁護士活動に尽力し続け、私もまたその薫陶を受けました。当事務所の顧問サービスプランをはじめ、より早く、より身近に、労務問題を中心としてお役に立てるよう励みますので、どうぞお気軽にご用命ください。

法律相談のご予約はお電話で

法律相談のご予約

コンテンツメニュー

アクセス

事務所外観

京都総合法律事務所

〒604-0924
京都市中京区河原町二条南西角河原町二条ビル5階

アクセスはこちら