京都総合法律事務所京都総合法律事務所京都弁護士会所属・京都市役所前駅16番出口より徒歩3分

075-256-2560
電話受付 平日:9時~18時
line

労務対策チームよりご挨拶

これからの時代は専門的観点からの労働法務対策が必要不可欠です

会社と従業員との間のトラブルは未然に防止する態勢を構築することが重要であることはいうまでもありません。しかし、会社と従業員との間のトラブルは、そのほとんどが双方の考え方のすれ違いが原因です。人間同士の考え方のすれ違いは、どれだけ態勢をととのえたとしても、完全に克服することはできません。

会社の労務対策は、従業員との間でのトラブルが生じないことを前提とするのではなく、万が一の際に、いかにして会社を守れるかという観点から構築されなければなりません。そのためには、労働法制の適切な理解だけではなく、紛争解決の実情として、裁判例はもとより、裁判外の解決水準がどのようなものであるかについて、十分な経験を有する弁護士による専門的観点からの対応が必要不可欠です。

 

会社側の立場からの労務対策

会社と従業員との関係は、労働契約や就業規則によって定まります。何よりもいざというときに会社を守れる就業規則を運用することが重要です。しかし、会社を守ろうという意識が働くあまり、会社にとって過度に有利な内容の規程は、法律に適合せず無効となり得ます。法律の定めを遵守しつつ、会社を守る規則とするためには、法令はもとより、裁判例もふまえたノウハウが必要不可欠となります。

当事務所は、1976年(昭和51年)の創立以来、京都の地に根付きながら、様々な労働紛争についての解決を図ってきました。京都で労働問題に取り組む法律事務所は様々ありますが、労使双方にとって、良好な関係を維持継続できる解決を実現すべく対応してきたのは、当事務所ならではの特長です。

 

当事務所でこれまで対応させていただいた主な労務問題は、次のとおりです。

① 会社を守るという観点からの就業規則のご提案

② 問題従業員の規律・指導

③ 労働基準監督署からの指導

④ 従業員の解雇・退職問題への対応

⑤ 会社側の立場に注力した観点からの残業代請求対応

⑥ ハラスメント対応態勢としての窓口対応

⑦ 各種労務問題への研修

⑧ 団体交渉への対策

⑨ 従業員の不正行為に対する損害賠償請求

⑩ 労働審判、労働訴訟への代理人としての対応

 

労務対策でお悩みの経営者の皆さまへ

適切な労務対策は、万が一の際に会社を守るために必要不可欠であるだけでなく、SDGsやGOALSといった観点から、会社の社会的価値を高めるためにも有効です。会社の労務対策については、京都の地域で長年にわたり、労務問題に取り組み、様々な業種で会社側の立場に注力を深めている当事務所に是非ともご相談ください。

 

労務対策チームリーダー 弁護士 伊山正和 

法律相談のご予約はお電話で

法律相談のご予約

就業規則チェック

コンテンツメニュー

アクセス

事務所外観

京都総合法律事務所

〒604-0924
京都市中京区河原町二条南西角河原町二条ビル5階

アクセスはこちら

対応エリア

京都、大阪府全域

京都府京都市、京都府福知山市、京都府舞鶴市、京都府綾部市、京都府宇治市、京都府宮津市、 京都府亀岡市、京都府城陽市、京都府向日市、京都府長岡京市、京都府八幡市、京都府京田辺市、京都府京丹後市、京都府南丹市、京都府木津川市、京都府大山崎町、京都府久御山町、京都府井手町、京都府宇治田原町、京都府笠置町、京都府和束町、京都府精華町、京都府山城村、京都府京丹波町、京都府伊根町、京都府与謝野町

メルマガ登録 セミナー案内 お問い合わせ
メルマガ登録 セミナー案内 お問い合わせ