電話受付 平日:9時~18時

顧問先様インタビューVol.4外与株式会社様

 

御社の企業概要を教えてください。

外村マネージャー:
1700年に創業、今年で318年目を迎え、主に繊維品の製造と販売を行っています。
社名の「外与」という名前は、滋賀の近江商人であった五代与左衛門照敬が商業に「布屋」の商号を定めて麻を商ったことが由来となっています。
近江は麻の布の産地であり、全国に行商し麻の布を売り渡るとともに、全国から産地の特産物を仕入れ近江で売るという商売を行っていました。
昭和24年には株式会社組織に改め、着物事業から開始、産業が発展するなかで、着物から洋服の分化に発展する流れに適応し、婦人用品の既製品を製造、販売しようということでアパレル事業部も設立し、幅広いニーズや顧客層に呉服を提供することで順調に発展でき、現在に至っています。
呉服も洋品のアパレルに関しても競合他社は数多くありますが、呉服に経営資源を投入している企業は日本でも数少ないのではないかと思います。
当社には着物事業とアパレル事業の柱がありますが、両方の事業部が時代の流れに合わせて発展してきたこともあり、当社の安定的な経営基盤を保つことができていると感じます。
また、創業300年以上が経過していますが、近江商人が培ってきた「質素倹約」の精神は今の社風にも生きており、パソコンの管理はもとより、ペン1本であっても購買部が管理し、できるだけ無駄を失くし、1つ1つ物を大事に使う文化が根付いています。
いわば、時代とともに守り続けないといけないものを頑なに続けてきたこと、新しい時代に合わせて変化に対応してきたことといった、守破離の精神が今の当社を形作ってきたと思っています。

弁護士に顧問契約を依頼することになったきっかけを教えてください。

外村マネージャー:
とある会社の会社更生をきっかけに20年ほどのお付き合いになりますが、正式な顧問契約は2003年に締結させていただいたため、顧問契約を結んで15年ほどになっています。
企業が事業活動を行ううえでは、様々なトラブルを抱えることがあります。

トラブルが起こる場合でも起こらない場合でも、弁護士も税理士も社会保険労務士も会社にとっては重要な存在であり、如何に会社がそのような事業活動に関連する士業に頼れるかが、企業にとって衛生を保ちつつ継続できる重要な理由であり、生き残るうえでの大事な要素になると考えています。
弁護士に顧問契約を依頼することになった背景として、健全な事業活動を行ううえでは不可欠な契約だと考えての依頼であったのだと感じます。

普段、どのような相談や依頼をしているのか教えてください。

外村マネージャー:
非常に多岐に渡って相談をしています。
例えば、従業員との労務問題のほか、商法や商標に関する相談、とある会社の事業再編に関する相談、子会社の管理、取引先の倒産時の対応やM&Aなど大きく重たい案件の相談と対応をお願いすることもあります。
京都総合法律事務所には崎間先生、拾井先生を中心に相談をさせていただいていますが、その他にも幅広く迅速に対応できる弁護士が複数います。
少なくとも毎月1回は何かしらの相談を行っていますが、会社法務に詳しい弁護士が複数いるので、迅速かつ的確に対応いただけることもあり、とてもありがたみを感じています。

顧問契約を依頼して良かったと思うエピソードを教えてください。

外村マネージャー:
何か事業を進める場合など、事前に様々なことを教えていただけるため、トラブルを未然に防止することができると思います。
また、万が一トラブルが顕在化したときに、後ろに顧問弁護士としてついていただけることが、何より安心であり、非常にありがたく感じます。
事件が円満に解決できれば良いですが、トラブルの最中に傍にいてくれることはとても力強く頼りになります。

京都総合法律事務所は御社にとってどのような存在か教えてください。

外村マネージャー:
いつでも明るく支えて下さり、力強くサポートしてもらえるので、精神的にも支えてもらっているという意味で、一言でいうと「太陽のような存在」と言ってよいと思います。

 

 

 

顧問契約を検討している経営者にメッセージをお願いします。

外村マネージャー:
経営者の方々の考え方に寄るかと思いますが、顧問弁護士は私たちを力強く支えてくれる存在であり、必要不可欠な存在である以上、顧問料金を気にして、顧問弁護士をつける、つけない、ということを判断するものではないと思います。
何ごともトラブルがないのが良いのですが、トラブルを未然に防ぐうえでも、トラブルに発展した際に支えてもらう存在としても、弁護士との顧問契約は非常に大きな価値があると思います。

法律相談のご予約はお電話で

法律相談のご予約

コンテンツメニュー

アクセス

事務所外観

京都総合法律事務所

〒604-0924
京都市中京区河原町二条南西角
河原町二条ビル5階

アクセスはこちら