2015年03月13日    野崎隆史
「原判決を破棄する。被告人は無罪。」
拾井美香弁護士と私が担当していた刑事事件で,先日,大阪高裁にて逆転無罪判決を得ました。
その後,検察官は上告せず,無罪が確定しました。
この事件は,当番弁護士で最初に接見したときから無罪を確信していた事件ですが,無罪となるまで約2年の月日を要しました。
無事冤罪が晴れましたが,それでも失った時間は戻りません。
今後も一人の無辜を出すことのないよう,真摯に弁護活動を続けてまいります。

2014年12月28日    野崎隆史
カネボウ美白化粧品白斑被害救済京都弁護団は,平成26年12月1日,16名の原告の損害賠償を求めて提訴しました。弁護団では,これからも被害者に寄り添い,適正な解決に向けてベストを尽くします。

2014年01月23日    タケダ
あけましておめでとうございます。事務所メンバーを中心としたバンド「Pleasure」は,今年も3月20日に開催される弁護士会フェスタに出演します。曲目は,スピッツの「楓」,B\\'zの「今夜月の見える丘に」,EXTREMEの「DECADENCE DANCE」,マライアキャリーの「HERO」を予定しています。乞うご期待!

2013年01月08日    タケダ
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
事務所のメンバーを中心に活動しているバンド「Pleasure」は,今年も3月22日に開催される弁護士会フェスタに出演する予定です。今年は,オリジナルメンバーでコブクロの「WHITEDAYS」とミスチルの「かぞえうた」の2曲,新人の高田沙織のボーカルでSuperflyの「マニフェスト」と,あと1曲レッドツェッペリンの「天国への階段」(ボーカルは秘密)を演る予定です。乞うご期待!

2012年12月23日    野崎隆史
眦頂賛ナ杆郢里帆暗長┝弁護士が新加入し,事務所全体に活気が溢れています。
私としても,二人に負けぬよう,4年目の自覚を責任を胸に,これまで以上に志を高く持ち,一つ一つの事件に丁寧に取り組みます。
引き続き宜しくお願いします。

2012年07月26日    野崎隆史
【法律相談のコツ】

時折,「法律相談したいことがあるけれど,うまく伝えられないから行くのを諦めてしまう。」という『法律相談の仕方の相談』を受けることがあります。

弁護士は,問題となる点を整理しながら皆様のお悩みをお伺いしますので,うまく伝えられなくても大丈夫です。
心配なさらずに気軽に相談に来ていただけば結構です。

それでも不安なときは,相談したいことのきっかけとなった出来事を,発生した順番で,箇条書きに,なるべくシンプルに書いてみるという作業をしてみてください。
書くという作業は,考えを整理をする作業ですので,それだけのことでも,非常にクリアになります。
相談にお越しになる際は,それを書いたものを持参していただければ,弁護士も非常に助かります。

もし,法律相談の仕方でお悩みの方がいらっしゃいましたら,一度お試しいただければと思います。

2012年01月12日    ひろいみか
新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
新年早々音楽ネタで恐縮ですが・・・。
現在3月23日開催の弁護士会フェスタに向け,毎日練習に励んでいます。演奏予定の曲は2曲ともピアノがハードな曲で,練習しても練習しても全然うまくならず,ストレス発散法であったはずのピアノがさらなるストレスを生む「苦行」となっていました。しかし,この年末年始猛練習し,やっと演奏が楽しいと思える程度まで弾けるようになりました。
1曲は我がバンド「Pleasure」の新境地ともいえる「QUEEN」のロックですが,ノリノリのドラムに併せピアノをガンガン叩く快感にはまりつつあります。まさにストレス発散にはもってこいの曲です。
もう1曲はB'zのバラードで,武田先生のしっとりとした美声が楽しみな曲です。
バンド演奏の楽しさは,一人ではできない演奏ができることでしょうか。バンドのメンバーと心を一つにし,演奏がピタっとはまったときの充実感・一体感は得難い感動です。
弁護士会のフェスタでは楽しい演奏ができるよう今後も練習に励みたいと思います。

2011年10月13日    タケダ
1年前に当事務所の拾井先生,野先生と別の事務所のもう1名の先生と4名でバンドを結成して活動しています。バンド名は「Pleasure」。4名の名前の頭文字を1文字ずつとった「たのしみ」を英訳したもので,拾井先生が一晩寝ずに考えてくれたものです。私がボーカルとギター,拾井先生がピアノ(キーボード),野先生がドラム,もう一人の先生がボーカルとベースを担当しています。これまでに,弁護士会フェスタ,野先生の結婚式,各種発表会などで演奏を披露しています。何より,このバンド活動は,メンバーのストレス発散とリフレッシュに絶大な効果をもたらしています。これまでに演奏した曲は,「楓」(スピッツ),「どんな空でも」「赤い糸」(コブクロ),「しるし」(Mr.Children),「OCEAN」「イチブトゼンブ」(B'z)です。来年3月の弁護士会フェスタでは,また新しい曲に挑戦したいと思っています。乞うご期待!

2011年06月17日    野隆史
この度の東日本大震災において亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに,怪我をされたり,避難所生活を余儀なくされている皆様には心よりお見舞い申し上げます。
遅ればせながら,被災地域で復興に携わる知人から話を聞く機会がありました。
知人は多くを語りませんでしたが,「やれることをやるしかない。」という短い言葉の中に強い覚悟を込め,その眼差しは確実に未来を見据えていました。
どんなことがあろうと,日常を放棄することは決してできないということ,そして,毎日毎日の真摯な積み重ねこそが,明るい未来を切り拓く原動力であるということを改めて感じた次第です。
甚大すぎる被害を前に,何をすべきなのか未だに途方に暮れていますが,せめて自分の力の及ぶ範囲は全力でお手伝いさせていただきたいと考えています。

2010年08月03日    タケダ
先週の7月31日(土)に私が監督(兼選手)をしている京都弁護士会野球部(当事務所の海藤,池上,戸田,野崎も所属)が,7年振りに日弁連野球大会の予選を突破し,9月14,15日にナゴヤドームで行われる本大会出場を決めました。この6年間,予選を突破するまではと決めていた禁ビールも解禁となり,久し振りにビールの美味しさを味わうことができました。9月には私の地元である聖地ナゴヤドームで初めて試合がきることを今から楽しみしています。

2010年04月02日    池上哲朗
3月31日をもって2009年度弁護士会副会長の任期が終了しました。お陰様で無事1年間職務を全うすることができました。
依頼者の皆様や,事務所スタッフのみなさんにはご迷惑をおかけしましたが,ご理解とご協力をいただき有り難うございました。
思えば弁護士会の副会長としての1年間は長いようであっという間でした。とても充実しており,楽しく弁護士会の仕事をさせていただきました。副会長を経験したことで,弁護士としての視野や活動範囲も拡がり,一皮むけることができたのではないかと思っています。
今後は依頼者の皆様と事務所に対し,ご迷惑をおかけした分,しっかりと仕事をすることで恩返しをしたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

2010年03月16日    タケダ
先週の土日(3月13,14日)に現在私が監督をしている京都弁護士会野球部の合宿があり,私のほか当事務所の野球部員メンバーの海藤,戸田,野崎の4名が参加しました。今回の合宿は,宮津市民球場を借りて紅白戦等を行いました。紅白戦はヤングチームとオールドチームに分かれて戦い,接戦の末,4−3でオールドチームが勝利しました。試合後は,宮津ロイヤルホテルで宴会,2次会のカラオケでは大いに盛り上がりました。今年9月にある日弁連野球全国大会への7年振りの出場に向けて,これからも練習あるのみです。

2009年07月04日    池上哲朗
4月から弁護士会の副会長に就任しています。事務所を不在にすることも多く,ご迷惑をおかけしていることと思います。
これまで余り弁護士会の会務に熱心ではなかったため,就任前はちゃんとできるかどうか不安でしたが,3ヶ月が過ぎて大分慣れてきました。
弁護士会全体や各委員会がどのような活動をしているのか,中央や地方で現在どのような点が問題ないし課題になっているのか良く分かり,弁護士としての視野が広がることを実感しています。
優秀な副会長仲間にも恵まれ,今は副会長として楽しく仕事をさせていただいています。飲みに行く機会は確実に増えていますので,体調には気をつけて,これからの暑くて長い夏を乗り切りたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

2009年06月03日    タケダ
先週の土曜日に弁護士会主催のソフトボール大会がありました。弁護士の寄せ集めチーム,修習生チーム,司法記者チーム,OIK法律事務所チームなど5チームが参加しました。我が事務所からも海藤,池上,武田の3名が弁護士寄せ集めチームに参加しました。結果は,平均年齢では他チームを圧倒的に上回る弁護士寄せ集めチームが4戦全勝で優勝を飾りました。まだまだ若い者には負けません。

2009年03月05日    タケダ
昨日,当事務所では初めてとなる多人数での採用面接を担当しました。不慣れなため,長時間お待たせするなど修習生の方々には大変ご迷惑をお掛けしました。面接した修習生の皆さんは,予想以上にきちんと自分の志望動機や考え方を述べられており,大変感心しました。自分が修習生のときにこの中で面接を受けたら,きっと真っ先に落ちているだろうなと思いました。結果はどうなるにせよ,皆さんはどこで仕事をされても立派な弁護士になれると確信しています。本当にお疲れ様でした。