京都総合法律事務所 KYOTO SOGO LAW OFFICE
HOME 事務所概要 ご利用案内 報酬等早見表 弁護士紹介 事務所報 ひとりごと アクセス リンク
TOP > 事務所報 > No.15(2011年版)

事務所報

<No.15> 事務所報2011年度

スペシャリストの解決力。

個々の得意分野を持つ11人のスペシャリストがお客様のさまざまな問題を解決します。
オリジナリティ豊かな弁護士たちは、お客様のご要望に応じて瞬時に強固な弁護団へと変身。
小さなことから複雑で重大な問題まで私たちは俊敏に対応いたします。
私たちがもつ解決力で、お客様のより良い明日をお約束します。

さらに
充実の11名の弁護士

経験豊富なベテランから元気あふれる若手弁護士まで、11名が所属。個性豊かな弁護士が、きめ細かな諸問題に対応いたします。

強固で
信頼の弁護団を編成

複雑で重大な問題に対しては、瞬時にして11名の弁護士たちが強力な弁護団を編成。あらゆるお客様のニーズにお応えいたします。

膨大な
資料と最新情報

最新の情報収集をはじめ、弁護士業務の必須アイテムである法律専門書・判例集などは、専用の書庫に膨大な蔵書数を誇っています。

万全な
フォロー体制

司法的な解決はもとより、その確実な履行まで、お客様の100%満足をめざし責任を持ってフォローいたします。

 

 
2,30年前、霧氷の高千穂岳に登るため、前夜泊まったえびの高原の宿の近くに、夜、野生の鹿を見たことを珍しく感じたものでしたが、今は、私の自宅の近くの山道でも、散歩中に時に鹿を見かけるようになりました。
昨年は、まれに見る酷暑もあり、外出を控えたこともあり、自宅の書籍の整理をすることとなりました。今後、再読したり、読む可能性のない本の整理を始めると、まだまだ読む本が自宅にあることを思い、新刊書は、各紙書評欄で当面読んだ気持ちとなっています。
今年も、自分のペースを守りながら、仕事に励みたいと思います。よろしくお願いします。
 
昨年は先ず9月15日、7年振り出場の日弁連野球全国大会2日目、みんなの好意でナゴヤドームのマウンドに立てた。不甲斐ない内容だったが、今は唯に良き思い出として刻まれた。今年も、投球力を進化させる。3キロ走、1キロ泳、真向法体操等をきちんと。
9月4日は、箱根での司法研修所23期40周年に参加。次々回は、東京での50周年。この10年を凛として走り続けたい。そして、日々に新たな響きを期待し、事上磨錬を継続し、日々の出会いと仕事を大事に楽しみたい。
写真の外光25%カット眼鏡が凄く気に入っています。眼鏡シーンを野球に麻雀に仕事にと拡大させています。
最後になりましたが、更なるご厚誼ご鞭撻をよろしくお願い致します。
 
昨年は結成50周年を迎えた京都平安ライオンズクラブの会長を努め、依頼者の皆様にご不便をお掛けしましたことを心よりお詫びいたします。現在は以前通りの執務態勢に戻って頑張っております。
昨年後半は京都ふるさと連の親睦ゴルフ大会に誘われたり、妻の県人会、また出身大学や出身高校の関西レベルでの集まりに参加することができました。あらためて自分が過ごしてきた人生の人と人との縁に触れ、多くの人との繋がりが出来たことに深く感謝いたしました。本年も多くの人と出会えることを心より願い、縁を深め大切にしていきたいと思っております。皆さま本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。
 
私事ですが、結婚20周年を記念して、夏休みに家族4人でカナダを旅しました。ナイアガラの滝、カナディアンロッキーの氷河と湖、バンクーバーの美しい街を満喫しました。
2人の娘もいつの間にか大きくなり、来年は大学受験と高校受験を迎えます。時の経つのは早いものだと改めて感じます。
最近では、家族揃って遊びに出かけることが少なくなった分、私はゴルフに打ち込んでいるのですが、そんな中でも家族と過ごす時間を大切にし、移ろいゆく家族の形を楽しんでいきたいと思っています。
 
弁護士として良い仕事をするためには、心身ともに健全で在ることが大切だと思っています。我が身を顧みるに、最近は仕事や雑用に追われ、ややへたり気味ではないかと感じています。
日々の生活の中でリフレッシュすることを心がけるとともに、初心に戻り目の前の一つ一つの仕事に謙虚な気持ちで取り組むことが肝心だと思っています。
司法制度改革により弁護士人口が急増した結果、個々の弁護士及び弁護士会にも大きな変動の流れが押し寄せてきています。波に流されず、進路を見失わないよう、更に研鑽に励み、地に足をつけた弁護士で在りたいと思っています。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
昨年は、私が監督を務める京都弁護士野球部が7年振りに日弁連野球大会の予選を突破し、ナゴヤドームでの本戦出場を果たしました。9月14日と15日に行われた本戦では、1回戦で前年優勝の強豪大阪チームを破るという殊勲の星を挙げました。残念ながら2日目の準決勝で敗退しましたが、2日間にわたり私の出身地でもあるナゴヤドームでプレーできたことはよい思い出になりました。おかげで、全国大会出場の願掛けとして6年間続けてきたビール断ちを解禁することができました。また、今年の2月には私が6年間取り組んできた薬害イレッサ訴訟の判決が大阪地裁で言い渡される予定です。今年も野球に仕事に全力プレーでぶつかります。
 
「いったい、どうしてこんな風に建ってしまったのか。」そうとしか言いようのない家を、優れた「匠の技」でリフォームする。そして最後は、家族みんなが笑顔になる。昨年辺りから、私が毎週欠かさず視聴しているバラエティ番組です。
家を構えるということは、人生の一大決心を伴う出来事です。これに専門家として携わるのであれば、そのことを心してかかるべきでしょう。我々の仕事もまた、皆さまに取って一大決心を伴った出来事に、専門家として携わるわけですが、私が「匠の技」にたどりつくにはまだまだ遠いことを告白せざるをえません。それでも最後には皆さまの笑顔に出会えることを目指して、力を尽くしたいと思っています。
 
写真をご覧になってわかる方もいらっしゃるでしょうか。昨年1年間で10キロ近い減量に成功し、事務所最重量から脱却しました。毎日のように体重計に乗り、食事(特に昼食)のカロリーを控えるようにし、できるだけエレベーターに乗らず階段を使うという、細かいことを継続して積み重ねたことが、減量成功につながりました。リバウンドしないよう、今年もしっかり体調管理に励みたいと思います。
早いもので、弁護士になって丸10年が経過しました。節目の年になりましたが、細かいことであっても継続して積み重ねるという減量実行時の思いを仕事においても活かすべく精進する所存ですので、皆さま本年もよろしくお願いいたします。
 
昨年から日本弁理士会の特定侵害訴訟代理業務研修の講師を務めさせていただいています。講義の準備に夏休みを何日も潰すことになりましたが、その甲斐あって、受講生から「わかりやすかった」、「丁寧な講義だった」等、嬉しいご感想をいただきました。大役であり、当初はためらいもありましたが、自分なりに納得のできる講義ができ、自信にも繋がりました。また、講師間会議で知的財産権専門の弁護士と議論したことも大いに刺激になりました。
さて、今年3月の弁護士会フェスタで、武田弁護士及び野ア弁護士とともにバンドデビューすることになりました。バンド名(Pleasure)のとおり、フェスタでは楽しい演奏ができるよう練習に励みたいと思います。
 
瞬く間に一年が過ぎました。この一年は、証券詐欺、交通事故、不動産を巡るトラブル、痛ましい医療過誤、環境問題、家事事件、刑事事件等、様々な事件に携わらせていただきました。どの事件も心をこめ、全力で取り組みました。しかし、至らぬ点も多かったと思います。その反省を踏まえ、新しい一年も、「意志あるところに道は通ずる」との一念を貫き、最善を尽くす所存です。
ところで、大学卒業以来約7年ぶりにバンドでドラムを叩くことになりました。弁護士もドラムもサポーターという点では共通です。リズムをキープし、呼吸を合わせ、皆様のベストサポーターとなれるよう精進します。
今年も宜しくお願い致します。
 
京都在住11年となりました。昨年一年は京都の春・秋を楽しむつもりだったのですが、事務所の方々のがんばりを見ていますと、自分の怠惰さを知らされ、あまりふらふらとはできないと気を引き締める毎日でした。
客員弁護士として置いていただいて、早くも満2年となります。事務所には迷惑をかけるだけで、貢献はできなかったので、いささが心苦しいのですが、私自身にとっては、活気あるこの事務所で仕事ができたことを大変に幸せであったと思っています。
阪神ファンの方々との交流はもちろん、他の球団ファンの方々とも楽しく語らえる愉快な職場でもあります。

事務局より

英会話学校へ通っている成果を試そうと海外へ出かけましたが、日本語で十分通じ、成果は確認できませんでした。現地の日本人ガイドは、私より年配の方ばかりで、若いガイドにはお目にかかれず、最近の若者は海外への関心がなくなったのかと心配です。今年は、成果を果たせる所へ行こうと思っています。
昨年は、腰痛に悩まされ続けた一年で、年頭に思い描いていたことが全く出来ませんでした。阪神が優勝できなかったことも腰痛が改善しなかった原因の一つだと思っています。今年も中国問題等内憂外患の一年となりそうですが、私自身は、腰痛改善に努め、精神的に穏やかな年を過ごせれば・・・と思っています。

「相談してよかった」
晴れやかな表情で帰られるお客様を見るたび、私たちも大変嬉しく感じます。法律事務所というと、少しお堅いイメージを抱いてしまいがちですが、事務局として、お客様の緊張を少しでも和らげることができるよう、親しみのある雰囲気づくりを心がけ、安心してご依頼いただけるよう日々努めております。お気軽にご相談ください。

事務局 一同
ページの先頭へ
TOP > 事務所報 > No.15(2011年版)
Copyright (C) 2005 KYOTO SOGO LAW OFFICE All Rights Reserved.